読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LCD画面との比較のために、単一の画素の点滅、黒い画面を表示するOLED

LCD画面との比較のために、単一の画素の点滅、黒い画面を表示するOLED、ユニークな利点を制御することが可能です。以前の噂によると、Appleは次世代でのiOSシステムにダークモードと呼ばれる黒のテーマを追加していく予定です。 グッチiphone7ケースそしてまた、iPhone 8に対する全体的な影響ダークモードの設計者は、少しの描画を行います。 iPhone 8最新のコンセプトマップ:OLED +フィレット画面は非常にSFのように見えます VianneyルMasneは、iPhone 8は、ホームボタンの下のデザインは、画面が下に拡張しますキャンセルさせていただきます、と信じて、そしてコーナー円形の移行と、画面のフレームも非常に狭くなっています。 ルイヴィトンiphone8ケースその場合は、最終的な視覚効果が非常にきれいで、画面の黒い部分が大きく存在の視覚的な感覚を低減、パネルとフレームと一体化し、完全性を強化します。この効果を発揮カバーするためには、VianneyルMasneも様々なインタフェースを提供し、iPhone 8は本当にこのケースのように、視覚効果は、今よりもはるかに優れている場合iPhone7は良いの多くは、ディスプレイの特に黒の一部であること。 iPhone7ルイヴィトン iPhone 8最新のコンセプトマップ:OLED +フィレット画面は非常にSFのように見えます Homeキーの廃止が、しかし、更新のiOSシステムと、画面が徐々にHomeキーで交換する必要があり、その相互作用の容易さが問題になることはありません。携帯電話のトップは、センサー、フロントカメラのさまざまな統合しかし、「額は」まだ完全に排除することはできません。 グッチiPhone7ケース我々はキビのMIXで、この設計のフルスクリーンを見てきましたが、iPhoneが本当にフォローアップすることができた場合、私は、消費者がまだ非常に大きなショックであると信じています。が、アップル、KGI証券のアナリストクオ明智台湾が通知された噂があります。 7Plusケースシャネル最新の研究報告では、彼は来年フロントページiPhoneのカメラで新しいデュアルカメラは二つの光学式手ブレ補正(OIS)技術を過ごすことになると述べました。今月初め、クオ明智も言った来年のハイエンド製品は5.8インチOLEDスクリーンが装備される一方で、既存の製品戦略を継続していきますそのうちの2つが3つのモデル、にiPhoneの製品ライン軍の展開。 携帯iphone7ケースしかし、Appleはシーケンスに最終製品の4.7インチのシングルカメラバージョンへの機会を取ることができ、低価格を通じてiPhoneの販売をプルアップされています。 より簡単にぼやけた望遠レンズを忘れている写真を撮りながら、光学式手ブレ補正を使用していた1200万ピクセルのデュアルカメラが、唯一の広角ミラーを過ごすために今年初めてのためのiPhone 7プラス。 シャネルiphone7ケースクオ明智は準備の年後、Appleは間違いなく、光学式手ブレ補正の望遠端に追加する方法を見つけるだろうと述べました。 クオ明智は、光学式手ブレ補正と相まって望遠端を与えるだけでなく、彼はまた、Appleは現在、セールスポイントを増やすには再度2の光学ズーム範囲が増加すると考えて、確信させました。 携帯iphone7ケースまた、LarganはiPhone 8カメラアセンブリの排他的なサプライヤーになることがあります。ただし、アップグレードの設定は、キャリブレーションのみに多くの時間を過ごすことになります、組み立ての難易度を増加させないであろうデュアルカメラアセンブリの拡張バージョンを取得するための簡単な修正ではありません。 7Plusケースシャネルまた、Appleはまた、画質劣化のエッジの問題を解決します。 ワイヤレス充電パッドの充電を取り除きます 先月、日経新聞は、Foxconnのは、iPhone 8用のワイヤレス充電モジュールを生産していることを報告しました。 ルイヴィトンiphone7ケースニュースはすべて、この技術のAndroidメーカーは数年のために演奏された後、非常に退屈に聞こえるかもしれません。しかし、Appleのいくつかの変更をもたらすために、この時間。 シャネルiphone7ケース はい、AppleiPhone 8は、おそらく15フィートのワイヤレス充電(約4.5メートル)の範囲で、充電シートを取り除くになるので、真のワイヤレス充電を達成するために、この時間。 iPhone 8は、直接、この機能をサポートするために、受信機本体に装着されています。 iPhone7ルイヴィトン ワイヤレス充電ソリューションはEnergous会社アップルあり、同社の究極的な動きは、ワイヤレス充電の15フィート以内に完了することが報告されています。